SIMロック解除条件 3大キャリア比較

HOME | 運営者情報
お気に入りに追加
SIMロック解除条件 3大キャリア比較
SIMロック」とは大手携帯キャリア間で携帯端末を自社の通信網以外では使えないようにする仕組み。
ところが、通信事業の競争を阻害するとして2015年5月より「SIMロック」を解除することが決まりました。

2015年5月以降に発売されるスマートフォンなどの携帯端末は「SIMロック解除」できますが
キャリアによってその方法や条件が異なります

キャリア別の「SIMロック解除」条件の詳細を比較します。
NTTドコモ
NTTドコモロゴ2011年4月~2015年4月に発売された機種

SIMロック解除に対応した端末であればドコモショップに持ち込むと、3000円の手数料を支払えばSIMロック解除は可能。

「ネットワーク利用制限」や「おまかせロック」、「ケータイ補償ロック」がかかっていない端末であれば、今日購入した端末や、中古端末などであっても基本的に解除できる

ただし、iPhone・iPadシリーズは解除非対応端末となっている



2015年5月1日以降に発売された機種

NTTドコモのwebより

「SIMロック解除」に必要な条件
1.ネットワーク利用制限、おまかせロック等の各種ロックがかかっていないこと
2.ご利用料金の支払い実績が確認できること
3.契約者ご本人の購入履歴がある機種であること
4.端末購入日から6カ月以上経過していること
5.すでにドコモを解約済みの場合、解約日から3か月以内であること

上記3)の条件により中古スマホではSIMロック解除できなくなり、以前より改悪されたようにも感じます。

解除料金は店頭や電話ではこれまでと同じ3000円ですが
WEBで手続きすると無料で解除できる。
au(KDDI)
AUロゴ2015年5月1日以降に発売された機種

auのwebより

「SIMロック解除」に必要な条件

・2015年5月以降に新たにauで発売されたSIMロック解除機能対応のスマートフォン/タブレット/Wi-Fiルーターなどであること
・端末購入日から180日以上経過している機種であること


auでは本人が購入した機種との条件がないので、中古スマホでもsimロック解除はできる

手数料はNTTドコモと同じく
店頭や電話で申し込むと3000円
WEBで手続きすると無料。

auの場合、2015年5月1日以前の機種はsimロック解除できないようである。
ソフトバンク(SB)
ソフトバンクモバイルロゴ2015年4月以前に発売された機種

(BLADE Q+、301F、201HW、009Z、008Z)の5機種のみ
SIMロック解除可能

購入直後からソフトバンクショップに持ち込み、3000円の手数料を支払うことで解除できる。


2015年5月1日以降に発売された機種

SBのwebより

「SIMロック解除」に必要な条件

1.購入日から180日が経過している
2.ネットワーク利用制限の対象ではない、または安心遠隔ロックなど製品の機能を制限するサービスを解除している
3.解約済み端末は、解約後90日以内、かつ契約していた本人に限り解除可能

本人が契約した端末に限るなどNTTドコモとほぼ同じ条件を設定しています。

他人が使っていた中古スマホは「SIMロック解除」できません

解除料金はドコモやauとほぼ同じで
店頭や電話で申し込むと3000円
WEBで手続きすると無料。