格安スマホのメリットとデメリット

HOME | 運営者情報
お気に入りに追加
格安スマホのメリットとデメリット
「格安スマホ」にもお勧めできるメリットもあれば、少し気になる一面もあります。
格安スマホのメリット
使える格安スマホ価格が安い

最大のメリットは月額料金が安くなること。
音声通話はほとんど使わず、通信量もあまり多くないなら
月額2000円以下になることもある


スマートフォン端末を自由に変更できる

スマホとSIMを別契約することも出来るので
スマートフォンだけを自由に変更することが出来る。
豊富に出回っている中古スマホも利用可能。

「縛り」期間が短いまたはない

ほとんどの格安SIMは縛り期間がないか1年以内と短い。


あなたの使い方に適したプランを見つけられる

通信量、通信速度、音声通話のありなしなど選択肢が多く、
あなたの使い方に適したプランを見つけられる。


海外で使うときも便利

海外旅行のとき、大手キャリアのスマホでは海外ローミングを利用すると、高額の利用料が発生します。
SIMフリーの格安スマホなら現地の低価格SIMが使える。


「番号ポータビリティ」にも対応

今まで使っていた電話番号もそのまま使える。
格安スマホのデメリット
PCに向かう最新の高級スマホより機能は劣る

大手キャリアの最新型スマホでは大型で高精細度ディスプレイに高解像度カメラが付いていますが、
3~5万円クラスの普及型スマホでは少しレベルは落ちる。


スマホ端末の初期費用がかかる

大手キャリアの月々割等の端末代が実質無料になるプランはない。
SIMとスマホのセットプランはあるが実質無料プランはない。
自分で端末を用意するときはある程度の初期費用が必要です。


音声通話が多いと料金が安くならないこともある

格安SIMには大手キャリアによくある「かけホーダイブラン」がない。
一定量以上の音声通話をすると大手キャリアの「かけホーダイブラン」の方が安くなることがある。


キャリアメールが使えない

携帯電話のキャリアメールが使えなくなるので、gmailなどのインターネットメールに乗り換える必要がある。


大手キャリアほどアフターサービスが充実していない

大手キャリアであれば街のあちこちにサービスショップがあり
困ったときに駆け込んで対応してもらうこともできる。
格安スマホは無店舗または一部の大手量販店で販売されているだけなので、トラブル対応もメールや電話でとなる。

ただし、スマートフォンの補償プランなどサポートを充実させたオプションを用意している格安SIM業者も増えている。